矯正歯科治療は専門の歯医者さんが最適|高い技術で問題解決

歯

歯並びの悪くなる原因

矯正

堺市の矯正歯科に通う人は多く、歯並びが悪く困っている人は堺市にも多くいます。歯並びが悪く原因については色々あります。よく言われているのは、小さいころの指しゃぶりが原因で出っ歯になるというものです。堺市の人も聞いたことがある方も多いでしょう。指しゃぶりのくせも3歳頃までなら大丈夫ですが、5歳を過ぎても指しゃぶりする子は危険です。出っ歯だけではなく、指を吸う力により奥歯のかみ合わせにも異常をきたします。またクセというのは、非常に怖く、無意識であるため、気づきにくいものです。その他にも食べ方などのクセも関係してきます。柔らかいものばかりたべ、よく噛まずに食べるくせがある子は顎が充分に発達せず顎が小さくなってしまいます。そのため、葉が映える十分なスペースがなくガタガタとした歯並びになってしまいます。虫歯などにより、歯並びが悪くなることもあります。虫歯で抜歯したりして、隣の歯がないと隣の歯まで支えを失い倒れてくることがあります。あまりしられていませんが、口呼吸もその原因です。口呼吸するということは、口を締める筋肉を使っていない為、口周りの筋肉が弱くなります。そのため、歯並びが悪くなうことがあります。また遺伝が原因で生活環境やクセとは関係なく歯並びが悪くなるひとも堺市には多く一概には言えません。しかし、一度生えてきった歯は悪くなることはあっても自然には治りません。なので、矯正歯科治療することが大切になってきます。矯正歯科は、様々な歯科医院で受けることができます。しかし、治療に時間がかかる事もあるので、事前に矯正歯科の予約をとっておくとよいでしょう。